失神寸前の状態

入浴中にウトウト眠りそうになったことはないだろうか。
体が温まり、気持ちよくなり眠気がきたと思っている人もいるが、ウトウトしてしまうのは,
眠気ではなく失神しようとしているからである。

湯船につかり、体を温めることで副交感神経が活発になる。
副交感神経はリラックスを促す神経で、車でいうブレーキの役割がある。
副交感神経が活発になると、リラックスすることができる。

リラックスした状態で、体も温まっているため、眠気でウトウトしているように感じてしまうが、これは大きな間違いである。

実は、お湯につかることで心臓が圧迫され、血圧が下がる。

体が温まり、副交感神経が活発になるころには、頭に十分な血液が回らくなり、頭の神経の働きが鈍く、失神寸前の状態になる。

入浴中は眠たかったのに、上がると逆に目が冴えて眠れなくなるのはこのためである。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!