ある事件の容疑者として

大学1年の時、空いた時間はパソコン室に入りびたってた。
そこには俺によく声をかけてくる男子学生(以降A君)がいた。

最初は挨拶程度の軽い会話だったんだけど、ある日A君が「いろんな大学の学生が集まるパーティーがあるから来ないか?」と言ってきた。

俺はそういう人の集まりが苦手だったから断ったけど、A君はしつこく誘ってきて仕方なく「行く」と答えてしまい、その「パーティー」に参加する事に。

しかしその「パーティー」の前日からインフルエンザになってしまい、パーティー当日も熱があって具合悪かったから「ごめん、具合悪くて行かれない」とA君にメールしたら「だったら友達と車で迎えに行くから、詳しい住所教えて」と電話が来た。

A君に異常なものを感じた俺は「行ったらみんなにインフルエンザうつしちゃうから・・・それに熱があって吐き気があるからこれから病院に行くんだ」と言って電話を切った。

それで俺は親の車で病院に行ってたんだけど、家に置いていた俺の携帯にはA君からの着信とメールが延々と入ってて、留守電にはドスのきいたソッチ系の人みたいな声で「テメー何で来ねえんだよ!」みたいな伝言が入ってた。

その後大学内でA君を見ることはなかったんだけど、大学の掲示板と学生課が出してる学内メールに「大学内で本学の学生のふりをして『パーティーに参加しないか』と誘う不審な人物にご注意下さい。その人物は『経済学部2年のA』と名乗っているそうですが、調査した結果、本学内に『A』という名前の学生が在籍している事実はありません。」と、書いてあった。

それから数ヵ月後、風の噂でとある事件の容疑者としてA君が逮捕されたと聞いた。
あのパーティー参加していたら、今頃俺はどうなっていたのだろう・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!