ウェディングドレスの女

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

中学の頃、塾の帰り道の話です。

塾が終わる時間が大体夜10時過ぎでした。
川沿いの土手上のサイクリングコースは
人気もなく周りに民家もない夜はちょっと怖い道なのですが、近道なのでそこを通ってました。

その日はいつもより遅くなり、11時頃だったと思います。
いつものように自転車で土手の道を走っていると、土手下に白い服(ドレスみたいな)を着た女性が体育座りをして川を眺めているのが見えました。

大人になった今思うと、どう考えても不審者なのですが、当時は中学生。
好奇心と下心で自転車を止めて近づいてました。

「どうしたんですか?」と聞くも、聞こえてないのか無視したのか女性は川を眺めたままです。

俺もちょっとムッとしてちょっと大きな声で「どうしたんですか!?」と聞くと、女性の振り返った顔を見てギョッとしました。

片目(左目)が無い・・・。
口が右頬の下にずれて付いていました。

着ていた白い服は血が飛び散ったウェディングドレスのようで、振り返ると立ち上がってこっちに向かってきた。

咄嗟に「逃げなきゃ!!!!!」と思い、急いで自転車に乗り、必死に自転車を漕いで後ろを向くと、両手でスカートをたくし上げタッタッタッタッタと走って凄い形相で追ってくる!

追っかけてくる走りが早く、荷台を捉まれ倒されてしまいました。

尻が地面に付いた状態の俺に更に女は向かってきたので、咄嗟の防衛本能から相手に足を向けていました。

近づかせまいと向けてた足が偶然相手の体に当たり、蹴りがヒット。
女性はよろけて倒れそうになったがすぐ起き上がりました。
それまで恐怖で声もでなかったのですが、気が付くと大声で「お母さん助けて!」と叫んでいました。

するとその女性は急に逃げていき、訳もわからないがとりあえず助かったとホットしたのを覚えています。

次の日学校で友人に昨夜の事を話したら、隣のクラスにまで話は広がり、その女を隣町で見たことあるという人がでてきました。

その人がいうには普通に昼街中を歩いていたみたいですが、顔は片目に毛みたいのが生えててみえなくなっていて、口は曲がって付いてたというのでその女性で間違いないです。

今思えば妖怪なのか人間なのか分かりませんが、ゾっとした思い出です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!