最終列車に轢かれる事故

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

数年前に、俺の故郷で肝試し中のDQNがトンネルの中で最終列車に轢かれる事故があったんだよ。

「終電の後に1本、男を満載にした列車が走る。乗っているのは昔事故で亡くなった人達だ」というのが幽霊列車の怪談を聞いて、隣県に遠征に来て跳ねられた。

昔、本当に通称「幽霊列車」と呼ばれていた列車が走ってた時期があったんだよね。
それは時刻表にも載らない臨時列車で、乗っているのは男のみ。
車内は駅以外は消灯してた。駅員には運行が教えられるけど箝口令が敷かれていた。

沿線住民も見て見ぬふりをしていて、幽霊列車の事は口外しちゃいけなかった。
口外すると憲兵に連れて行かれた。

・・・幽霊列車の正体は、兵士を運ぶ臨時軍用列車。
空襲を警戒して、駅以外は車内灯禁止で消灯してた。

明治頃の昔の路線では大きな落盤事故があったけど、それは違う場所なんだよね。
鉄橋を作る技術が上がって、線路を付け替えたから。

でも怪談では、二つが一つになってた。

地元でその怪談が知られてなかったのは「地元の年寄り達は幽霊列車の正体を知っていた」からだ。

誰かが聞いてきても、そりゃあ、兵隊さんを運んでいた臨時列車のことだ・・・といわれれば、広めようがないからね。

地元では聞かないけど、今では「肝試しに行って列車に轢かれて死んだDQNが、自分の首を泣きながら探して彷徨っている」という怪談があるそうだよ。

・・・首チョンパはせずに亡くなっているから、全くのデマなんだけどね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!