波間に見える”漂流者”

今オヤジと離れて暮らしてるから、とりあえず覚えてるやつを書くね。
今度会った時にまた聞いておく。

よくあるパターンなんだけど、波間に頭だけ出ていて「おーいおーい」っていう霊は結構頻繁に見たらしいよ。
太平洋のどまん中でさ。オヤジが当直に立った時とかも、何度か見たって言っていたよ。
いきなり「おーいおーい」だもの。

最初は慌てて「漂流者だ!」ってみんなを呼んだりしたらしいけれど。
古参の人は航路のどこでそれが出現するか知ってるらしく、「ああ、またか・・」って言うんだって。

当時の船は、レーダーとかも無かったのかな?
いやあったのかもしれないが、精度がイマイチだったのかもしれない。

そのせいか、船首と船尾に立って、毎日交代で航路を見る「ワッチ」という当直があったらしい。
そういう時に出るんだって。

太平洋の激戦地の近くとかでよく見たって言ってた。
きっと戦時中の船が多く沈んでるのかな。

その「おーいおーい」を見た後は、船のみんなでオニギリや酒、タバコなんかを海に投げ入れてやるんだって。

怖いって言うよりも、同じ船乗りとしてすごく悲しいんだって。

だから「日本に一緒に帰ろう。この船に乗れよ」って心の中で必ずみんな言ってたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!