黒い沼

友人の話。

中学生の時分、実家へ里帰りした際のこと。
幼い従姉妹と遊んでこいと言われた彼女は、勝手知ったる裏山へ出かけた。
自分もよく遊んでいた場所だ。
子供が喜びそうな場所はわかっている。

そんなポイントを連れ回していると、黒い沼が現れた。

ああ、そう言えばこんな所にこんな沼があったっけ・・・そう思っていると、従姉妹がグッと足を踏ん張った。

どうしたの?

問うと、青ざめた顔で訴えてくる。

従姉妹:「昨日ね、一人でここまで来たの。その時ね、首の長い女の人が居たんだよ」

女は水の中に腰まで浸かっていたらしい。
緑色のワンピースの上から長い首が伸びていて、従姉妹を嬉しそうに眺めていた。
目が異様に大きくて、長い黒髪からは水が滴っている。
とんでもなく怖かったので、必死で逃げ帰ったのだという。

だから近づきたくない。

従姉妹が泣きそうに言うので、沼を避けて通った。
そう言えば、私もなぜかこの沼には近よらなかったんだよなぁ。
従姉妹の話も、やけにリアルに情景が頭に浮かぶし。
忘れているだけで、自分もその女性を見ていたりしてね。

そう言って彼女はコロコロと笑った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!