インディアンのガイド

知り合いの話。

アメリカのある国立公園でトレッキングに参加した時のこと。
幾つも連なっている、急なスイッチバックの岩道を抜けた先で休憩を取った。
そこには小川が流れていて、何の気なしに近よって覗き込んでみたという。

水面に映った彼女の肩越しに、何かが一緒に水面を覗いていた。
恐らくは人の頭。
目も鼻も見えない真っ黒な影の中に、白い歯だけが浮かんでいる。
まるでニヤリと笑っているように見えた。

悲鳴を上げるや影は掻き消え、彼女は後ろに尻餅を付いてしまった。
駆け寄ってきたインディアンのガイドに、しどろもどろになりながら、片言の英語で自分が見た物を説明した。

ガイドはニコリともせずにこう告げた。

ガイド:「それはあなたの祖霊。あなたを護ってくれている」

それにしては、気味の悪いニヤニヤ笑いだったんですけど・・・。
こう付け加えると、ガイドはやはり表情を変えずにこう続けた。

ガイド:「それは山の悪霊。しばらく身の回りに注意した方が良い」

・・・どっちなんだよっ!?
思わずそう喚きたくなったという。

ちなみにそのトレッキング中、それ以上の異変は起こらなかったらしい。
しかし、気分はどうにも冴えなかったのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!