水死体に会った日

当方、神奈川県真ん中辺沿岸部在住です。

漁港が近い物関係で、ガキの時から元漁師の近所の爺さん(もう死んじゃった)からいろんな話を聞きました。
印象残ってるのをいくつか・・・。

今でこそ漁に出掛けて水死体に会った日にゃ、ガクガクブルブルで即警察ですが、大正頃までは大漁の前触れって言われてたそう。
ただし、船に上げてやらなきゃいけないそう。

手順は、
①若い奴が水死体の所まで行き、頭を船に向ける
②船の長が「上げてやっから魚持って来い!」と怒鳴る
③若い奴が「ハイ」もしくは「分かった!」と怒鳴り返す。
④船尾に上げてやる。

もしこんな事してあげる時間がない時は、「帰りに上げてやるから待ってろ」と、必ず断ってから、通りすぎる。

海の神様は金気を嫌うので、万一船上から包丁や、はさみなどを落とした時は陸に戻ってから、木でそれらの形を作り神棚に備えた上で謝るそうです。
これをしないと次の漁が大不漁になるといわれてたそう。

同じく海の上ではヘビと猿が禁句。
理由は上と同じ。

それと海とは関係無いですが、うちらの方じゃ朝に「サル」って言葉を言うのは縁起悪いって言われます。
そう教えた親も理由は知らずですが「サル→去る」からの発想でしょうね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!