目撃者も結構居た

同級生の話。

彼の住んでいる地方の山には、「蛇の池」と呼ばれる池がある。
大蛇が潜んでいるという伝説があって、一昔前には目撃者も結構居たそうだ。

池の上には、切り出した材木を運ぶためのモッコが走っていた。
モッコとは綱で編んだ籠のことで、これを滑車で吊るして動かしていたとか。
時折その籠から池に落ちる物があった。
木っ端とか道具とか、その他諸々。

そういった落下物は翌朝、必ず池端の土手の上に、投げ出されていた。
大きい物も小さい物も区別なく、池に落ちた物は水の外へ。
大体がちょこんと優しく置かれているのだが、金物の類いが落ちた場合は別で、池から随分と離れた場所に突き刺さっているのだという。
まるで力任せにブン投げられたような感じで・・・。

卵が落ちた場合は真逆で、絶対に殻一つさえ浮いてこないのだとか。

「蛇さんは金物が大嫌いで卵が大好き」

蛇の池のためか、彼の地元ではそういう認識が当たり前だったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!