その声の主

知り合いの話。

彼は山中にある小さな社の氏子をしている。
秋祭りに使う道具を、社務所の倉庫で探していた時のことだ。

何せ、最後に使ったのは一年も前、おまけに収めたのは自分ではないときている。
皆目どこにあるのか見当もつかずに、雑多な荷物をかき回していると、背後から声が掛けられた。
よく通る老爺の声で「何を探していなさる?」と。
顔も上げずに「子供用の法被です」と答えると、直ぐに返事があった。

老爺:「だったらそこじゃない。右手奥の葛籠の下さね」

言われた通りの場所を探ってみると、正に探していた物がそこにある。

知り合い:「ありましたありました!ありがとうございます」

そう礼を述べながら振り向くと、倉庫には誰の姿もなかった。

あれ?

代わりに居たのは、入り口にデンと座っている、大きな三毛猫が一匹だけ。
社務所に昔から居着いている猫だ。
猫にしてはかなりの老齢の筈である。

・・・まさか、この猫が教えてくれたんじゃないよね?

馬鹿馬鹿しいと思いながらも、試しに他の道具の場所も聞いてみる。

知り合い:「旗竿はどこに仕舞ってありますかね?」

猫は欠伸で答え、顔を洗い始めた。

『なんだ、やっぱりそんな訳ないよなぁ・・・偶々通り掛かった氏子の誰かが、外から声掛けてくれたんだろう。うむ、そんなところだ』

一人でそう納得し、猫に背を向けて探索を再開した途端、「入り口のすぐ左脇。竹箒の奥に立て掛けてあるさね」と声がした。

慌てて後ろを向いたが、猫はしれっとした顔で伸びをしていた。
半信半疑で竹箒を退けると、確かに束ねられた旗竿が姿を現す。
しばらく猫と睨めっこをしてしまったが、別に言うべきことがあるでもなく、「どうもありがとう」と言うのがやっとだった。

その後も、彼が三毛猫に背を向けているときに限って的確なアドバイスがなされ、捜し物は首尾良く短時間で揃えられた。

彼の仕事が終ったと見るや、老猫はノソノソとどこかへ去って行ったそうだ。

「よくこんなに早く見つけられたなぁ」
境内に戻ると皆にそう言って褒められた。
聞くところによると、その時の彼は引きつったような顔をしていたらしい。

幟を組み立てながら、知り合いの氏子に三毛猫のことを聞いてみた。

知り合い:「あの、ここに昔から居る三毛のことなんですけど・・・」

言葉を喋るんですか、とは流石に聞けず、口籠もっていると、「あぁ、雄なんだぜアイツ。三毛の雄なんてホント珍しいだろ」

そう言えば確かに珍しいかも。
「あ、いや、僕が言いたいのはそういうことではなくてですね・・・」

そんな会話をしていると結局、彼がした珍体験の話は出来なかった。

最近の彼は、件の三毛猫を見かけては話し掛けるようにしているという。
しかし残念ながらあれ以来、三毛さんは口を利いてはくれないそうだ。

「今度は煮干しを持って行って試してみる。宝籤の当たり番号でも教えてくれたらいいなぁ」

私は何となく、そんな不純な動機では猫さんも会話してくれないのではないかと思ったが、口にするのは控えておいた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!