単なる言い伝えだがな・・・

知り合いの話。

彼は時々、親戚の手伝いで実家の山に籠もるのだそうだ。
叔父さんと二人、テントで寝ていたある夜のこと。

キョッキョッキョッと、鳥の鳴き声が聞こえてきた。
こんな真夜中に鳴く鳥がいるのかと不思議に思い、傍に居る叔父さんに聞いてみた。
それはホトトギスだという。

なるほど、鳴き声が“特許許可局”と聞こえなくもないな。
どこかで読んだ知識を思い出し、彼が感心していると、叔父さんはこうも言った。

叔父さん:「あまりしっかりと聞くんじゃないぞ。他の山は知らないが、この山じゃぁ夜に鳴くのはホトトギスだけではないんだ」

キョッキョという声に混じって、偶に別の物がボソリと聞こえることがあるのだと。
それは人の名前らしい・・・。
夜の山で名前が呼ばれた者は、近い内に死ぬのだとも。

「里の爺様にゃ、ホトトギスに混じって鬼が哭くって聞いたな。ま、単なる言い伝えだがな。実際、儂は聞いたことがないし」

夜の森に響くホトトギスの声を聞きながら、彼は碌に眠れなかったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!