音は間違いなく彼らの後を

友人の話。

友人と二人で夏山に籠もっていた時のこと。
夜、そろそろ寝ようかと準備にかかった頃、麓の方から何か聞こえてきた。

・・・リーンリーンリーン・・・。

耳障りな黒電話の音だったという。
思わず二人、顔を見合わせた。

音は段々とこちらへ登ってくるように思われた。
何かは皆目わからないが、得体の知れない物と対面などしたくない・・・。

慌ててその場を撤収し、別の離れた場所へと必死で避ける。

やがて音は彼らより上方へ登っていき、聞こえなくなった。
正体はわからないが、まずやり過ごしたようだ。
一息ついて、そのままその場で就寝することにした。

夜中過ぎ、いきなり友人に揺すり起こされた。
目覚めた彼も直ぐに気が付いた。
斜面の上方から再び、あのリーンという音が段々と下ってくる。
ドタバタと寝具を片付け、麓に向かって逃げ出した。

暗い山道では、なかなか思うように足が進まない。
それもあってか、黒電話は着実に迫ってきている様子。
必死で音を撒こうとあれこれ進路を変えているうちに、嫌なことがわかる。
わかった途端、二人して泣きたくなった。

登っていった時と違って、音は間違いなく彼らの後を追尾していた。

結局、夜を通して逃げ続けることになった。
幸いにも曙光が刺す頃、音はパタッと聞こえなくなったという。
二人は今でも山歩きを続けているが、ちょっとその山には近よれないそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!