百物語の都市伝説

五年一組の子供達が百物語を行いました。

場所は小学校の一階にある彼らの教室。
人数は二十人。
暗くなった部屋の中に全員集まり、百本の蝋燭に火を灯します。
それから、「何か変な事が起きた時のために」と、用意したテープレコーダーを作動させて、百物語は始まりました。

それから、子供達は次々と、自分の知っている怖い話を語っていきました。
学校の七不思議。
都市伝説。
幽霊の話。
妖怪の話。
今まで聞いた事もないような話。

一話語られる毎に、蝋燭の火が一つ消されていく。
会が終わりに近付くにつれ、だんだん部屋の中が怪しさを纏う雰囲気になっていきました。
廊下側と外側の窓は黒く、鏡の様に室内を映しています。
物蔭は濃くなり、何かが潜んでいる気がしてきます。
壁には子供達の影法師。
今にも踊り出しそうです。

子供達の中には不安と緊張が増していきました。
あと少しで百話。
昔から、語ってはいけないと言われる百話目です。

やがて、九十九話が終わり、蝋燭の数はあと一本。
全員がしばし躊躇しましたが、すぐに誰かが話し始め、五分も経たない内に終いまで語ってしまいました。

「・・・・・・これで、私の話は終わり」

フッ、と最後の灯りが消え、部屋は闇に包まれました。

それからしばらく、全員静かに身構えました。
何か起きるのか・・・・・・?と。

しかし、いくら待っても何も起こりません。
子供達は自然と安堵の溜め息を洩らしました。

「なぁんだ、なんにも起きないじゃん」
「そうだねー」

明るく言い合いながら教室の電気を点け、子供達は帰り支度を始めました。
その時、テープレコーダーの持ち主の女子生徒が、あっとある事を思い出しました。

あたしさっき、四話しか話してなかったっけ・・・・・・二十人で百物語をやったので、一人五話語らなければいけない、というルールだったのです。
誰かが六つ話したのかな?それに・・・・・・女子生徒は頭に新たな疑問符を浮かべながら、レコーダーを鞄にしまおうとしました。
もう一つ、気になる事があったのです。

さっきの百話目・・・・・・ちゃんと聞いたと思ったのに・・・・・・どんな話だったっけ・・・・・・?

「・・・・・・これは、実際にあった事よ」

突然、レコーダーから大音量で、百話を語った生徒の声がしました。
間違って再生のボタンを押してしまったみたいです。
一瞬身体が萎縮した女生徒は、すぐに停止のボタンを押しました。

・・・・・・やばいっ・・・・・・恥ずかしいと思った女生徒は、苦笑しながら、謝ろうと振り返りました。

「はは、ごめんみん・・・・・・な・・・・・・?」

全員、凍り付いた様な表情をして立っていました。
顔色が真っ青で、身体を震わせています。

「・・・・・・?どうしたの・・・・・・?」

同級生達に声をかけると、一人が呟きました。

「・・・・・・今の・・・・・・誰の声・・・・・・?」
「・・・・・・え・・・・・・?」

「私が死んだ夜の話なんだけどね・・・・・・」

再生ボタンを押していないのに、レコーダーが再び喋り始めた。
その瞬間、突然教室の電気が消えたということらしいです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!