赤ちゃんの人形をプレゼント

死ぬ程洒落にならない訳じゃないが自分が怖かった体験

両親が結婚した時仲人をしてくれた夫婦が、自分が生まれたお祝いに赤ちゃんの人形をプレゼントしてくれた。
その人形は大きさは二歳くらいの子供の大きさで、髪の毛はクリクリとした金髪に近い茶色。
手足の関節も動かせ、服の着せ替えやお世話ごっこ?などして遊ぶ人形だ。
今で言う『ぽぽちゃん』のでかいバージョン。

しかし、ぽぽちゃんのように可愛らしい感じではなく、顔立ちは洋風で可愛らしさはあまりなくちょっと怖い。
そして寝かせると長い睫毛がついた瞼を閉じ目を瞑る。

物心ついた時からこの人形がなぜか怖くてたまらなかった。
多分可愛くないというところから、怖さしかなかったのだと思う。
しかし、まあまあでかいこの人形は部屋のどこに置いていても存在感があり、とにかく怖くて嫌だった。

自分が小学二年の時に、親の転勤で家を引っ越した。
初めて自分の部屋が与えられたが、部屋の出入り口のドアは歪みがあった為かパタンとは閉まらず、思いっきりドアを押さないと最後まで閉まらないし、ギーギーと音を立てとにかくきれいにパタンと閉まらないドアだった。
そんな閉まりにくいドアの横に怖い赤ちゃんの人形を飾って?置いていたのだが、怖い怖いと毎日思いながらもなぜかずっと自分の部屋に置いていた。

引っ越した家で数年たったある日。
自分の部屋のドアは半分くらい開けた状態で部屋で過ごしていた。

自分の部屋から別の部屋に移動しようと思いドアへ近づいた時、半分開いていたドアが自然に閉じ始めた。
風でドアが閉まりかけたのか?と思いドアノブに手をかけようとした瞬間、ふと横に置いていた赤ちゃんの人形を見ると、赤ちゃんの手がドアを閉める速さと同じ速さで動いていた。
状況を一瞬で把握出来ず、そして怖くてすぐには動きだせなかったが、ヤバイ!!と思いドアが閉まりかけそうになる瞬間に勢いよくドアを開け、母の元へ飛んで逃げた。

パニック状態で母にさっきの状況を説明し、とにかく赤ちゃんの人形が怖いと訴えた。
自分のあまりのパニック振りに、母はその時面白半分で笑っていたが、人形を別の部屋に移動させてもらい、もう人形は場所も取るし自分も怖がるからと、しばらくして父方の祖父母の家の物置に持っていった。

今も物置を探せばその人形はあるのたが、恐いし処分するにも人型の人形ということもあり処分する気にもならない。

あの時の、「ギーギー」と音を立てながら不自然に閉まるドアと、人形の手が一緒に動いていた怖さが、今でも忘れられず恐怖しかない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!