友人の金縛りを放置した話

数年前・・私は腐れ縁のO君といつものように飲み、いつものようにはしゃぎ語らい、そして終電もなくなりO君の家にタクシーで帰りました。
部屋でHなビデオ、音楽などを聴きながらだべっているとO君が「眠いからねる!」といい、さっさと寝息をかいていました。

O君の部屋は4畳半ですが、実際あいているスペースは一畳半ほどしかなく、体の大きな二人が寝るのはオイルサーデン状態になるしかなく「こいつ足臭いのう」と思いながら一人ぼーっと音楽などを聴いておりました。

すると、ものの一分もしないうちにO君が突然「あ~あああああああ・・・・!!」とオペラ歌手を思わせる高音~低音へわたる叫び声を張り上げ「なにねぼけとんねん」っと思った私はむくっと起きあがりO君を見ると、体を小刻みにふるわせながら「ふん・ふん・」と白目でうなっておりました。

私は「ハ、ハ~ンこれが噂の金縛りか」と思い観察しようとO君に近づきしばらく笑っておりました。

相変わらず白目でふるえているO君に私は「やばいんちゃうん」と思い、O君を起こそうとしたその瞬間、白目だったO君が目を見開き、(そのときのO君と私の顔の距離約30cm)重力を無視したように起きあがり、腰をぬかして後ずさりする私をものすごい形相で追いかけてきました。

私はパニックになり、腰を抜かしているにもかかわらず戦闘体制に入ろうとしたとき、O君は私の膝にしがみつき、一言消え入りそうな声で「こ、怖かったあああ。」

二秒後・・・大爆笑している私をみながら懇々と語ってくれました。

笑い泣きしながら聞いたことなので思い違いはあるとは思いますが、O君いわく、ベランダで白いドレスを着た女性が立っているのが見えたらしい。
その瞬間、金縛りにあい「うわあああ」と思ったとき「そうや、ぷうう(私)がいてる、助けてもらおう」と必死になって声を張り上げたそうですが、いつまでたっても助けてくれない私に愛想?をつかし、自力で金縛りをといたとのこと。

あとにもさきにも、他人の金縛り?を観察できたことはラッキー?だったと思い、今でも酒の肴にしている私です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!