アカン、殺される

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

16歳位の頃、金縛り初体験をした。

「ウオッ!」

初体験を喜んだ数秒後、得体の知れない変な雰囲気がガーーーッと襲いかかって来るような恐怖感。
声は出ず体も動かない。

その雰囲気が発せられているのは足元の床の間。
家は無宗教だったのでその床の間にはカーテンが付けられ物置にしていた。

激しくなる一方の金縛りと恐怖・・・。
数秒後、『それ』は姿を現わした。

床の間から這い出て来たのは、ボロボロの産着をまとった赤ん坊。
しかも腐っている・・・。
私を睨みつけながら、ゆっくり、ゆっくりと私に向かって這って来る。
もの凄い怒りと殺意を発しながら・・・。

自分の目が開いているのか、閉じているのかさえも分からない。
それを確かめるすべも無い。
それなのに、はっきり見えるのだ・・・。

「殺される」

そう思った。

怖い、助かりたい、死にたくない。
必死に「南無南無」って祈った。

しかし、金縛りは全く解けない。
その赤ん坊が、少し笑った。
小さい牙が見えた。

とうとうそれは、私の布団の上まで到達した。
ゆっくりゆっくりと、布団越しに私の体の上を這って来る。

「アカン、殺される」

口元まで掛けていた布団から、『それ』がぬっと顔を出した時、自分は死ぬんだっていう気がして、狂いそうだ。

怖い、怖い、怖い、怖い。
その間にも赤ん坊は確実に這い上がってくる・・・。

お腹の上まで来た。
胸まで来た。
鎖骨の辺まで・・・。

「ああ、もうあかんのか」

『それ』が布団のふちから顔を出した瞬間、私の体は右横に吹っ飛んだ。

顔を出した瞬間と、金縛りが解けた瞬間が同時だったのだ。
逃げよう逃げようとしていた体は解けたと同時にはじけ飛んだ。
妹にしがみつき、「怖い怖い怖い怖い」と30回は言っただろうか。

あれは何だったんだろう。
それ以来、数々の目撃をしてきたが、「殺される」というくらいの恐怖はあれっきりだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!