見ないふりして戸を閉めた

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

西新宿に住んでいた時の話。

そこは路地に面した、日のあまり射さない築20年のワンルームマンションで、風呂はユニットバス。
歌舞伎町のホステスが手首切っててもおかしくなさそうな、謂れのありそうな物件・・・。
だったけど、安いし一人身の気楽さで2年ばかし住んでいた。

ある深夜、3時頃だった。
会社から徒歩で帰ってきた俺はもうめちゃくちゃ眠かったんだが、汗臭いままで寝るのも嫌だったんでバスタブに栓をしてシャワーを浴びた。

浴びながらバスタブにお湯が溜っていくんで、いい感じに溜ったらそのまま浸かった。
んで寝てしまった。

すると突然風呂の戸がノックされた。
寝ぼけていた俺は何の違和感も覚えず、「すみませんちょっと待ってくださ~い」とか言いながらバスタオル羽織って風呂から出た。

当然誰もいない。
時間は4時頃だったと思う。

だんだん目が覚めてきて、あり得なさに気づいて、いや寝ぼけたんだろう・・・と、とりあえず思うことにした。

疲れてるし、体も冷めちゃったし寝ようと思って、バスタブの湯を抜こうと風呂の戸を再び開けた。

なんかおかしい。

白熱球の明かりに照らされたユニットバスの壁面、いままで俺が背を付けて寝ていたほうの壁一面に、真っ黒な人の形がついていた。
カビみたいな感じだが絶対別もんだって気が強くした・・・。

よく見ちゃったらやばい気がしたんで、湯も抜かずにバタンと戸を閉めて、電気をつけたままベッドに潜り込んだ。

翌朝見ると、そんなものは何にもなかった。
血とかならまだ納得がいくんだが、あの黒い人がたが何だったのか、いまだに気になる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!