映画館の気持ち悪い女

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

2年前のちょうど今頃だったかな。
それとも夏だったかもしれない。
大学は世間より早く長期休暇に入ってたんだ。

そんで実家に帰省していた俺は、周りに遊ぶ奴も居なかったし、暇を持て余して映画を見に行くことにしたんだよ。

その時放映が終了しかかってた思い出の◯ーニーを午前10時くらいの回(1番早い)のチケット買って指定されたシアターに入ると、発券の時から気づいてたんだが、俺以外誰1人居なかった。

その後、予告編が終わっても誰かが入ってくる気配はなく、1人で会場独占、席はど真ん中。

テンションも上がるってもんで映画にツッコミ入れたり、ツイッターで呟いたり、場内歩き回ったり好き勝手やってたんだわ。

んで、映画が終わって、場内から出ようと出口通路に向かった。

その会場が、右手にしか出入り口通路がなくて、その通路のスペース分、右端列だけ、スクリーンの目前の数列と、スクリーンから遠い、上の数列しかない状態で、その上の数列ってのが、出入り口通路の上にあるんだよ。

俺が会場から出ようとすると、嫌でも視界に入るわけだ。

するとさ、そこの1番手前の席から、細身の女が前のめりになってこっち見てんの。

薄暗いし、俺自身遠視気味で、顔はちゃんと見えなかったんだが、その女が怒ってるのは確認するまでもなく理解できた。

一瞬ビックリした後に、やっちゃったな~と思って、とにかく会釈だけしてそそくさと会場を出たんだよ。

最初は凄く恥ずかしかった。
人がいないと勘違いしていたところで、19の青年期が、最低限の節度も守れなかったことが腹立たしくもあった。
でも時間が経てば経つほど、だんだん怖くなってきたんだよ。

会場には俺1人しかいなかったんだから、そんな端を取るのも訳が分からないし、さっきも言ったが俺は場内を歩き回ったり、周りをぐるっと見渡したりもしてた。気づかないわけがないんだよ。

今でもあの前のめりの、覗き込む姿が忘れられない

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!