不動産屋さんの悲鳴

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺が家を出て一人暮らしをしようと、不動産屋さんと色々家をみて回った日の事。
色々見て回った何軒かめのアパート。
それまで気さくに話してた不動産屋さんが何やらぎこちない。

懐に手を入れて案内してくれた。
なんかこう、外国の刑事が銃を抜くような感じで。
靴を脱いで上がり、二間だけどまあまあな部屋に入っていった。
習性でコンパスで確認すると窓は西。

こりゃあ西日がきついなぁなんて思ってたよ。
押入れとかもまあまあ広くて意外といいけど・・惜しいなと。
その旨を不動産屋さんに話すと、引きつった顔で笑って、じゃあすぐ次に行きましょうって。

なんか怒るようなことしたのかな?って玄関に戻ると、靴が六足ある。
男物、俺と不動産屋さんのもの。
そして女性のとおぼしきもの。
そのときの声にならない不動産屋さんの悲鳴・・・。

俺は靴履いて玄関閉めて・・・あれって気付いた。
不動産屋さんはもう階段を走り降りていた。

ええ。
俺も走りましたとも。
響く音は三つ。
俺の前と・・・後ろからも響きましたよ。
霊感はないけど、ああもはっきりと見たのも、聞いたのも初めてでした。
書き忘れました。
不動産屋さんが懐で握っていたのはお札でした。
車に乗り込むとお札を貼り、何か唱えてました。
・・・てかそんな物件を紹介すんなよ!

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!