赤ちゃんの霊

風呂に入っていた。
頭を洗い、体を洗い、さて湯船につかろうか、と浴槽に目を向けたとき、とんでもないものがいた。

灰色の赤ちゃん。
目が合った。
まるでお地蔵さんのような感じだった。

慌てて風呂から飛び出し、母親に報告しようとしたが、声が出ない。
まるで魔法でも掛けられたように、発声できない。
ジェスチャーで一緒に来てくれと母に伝え、風呂場に走った。

もう何もいなかった。
声が戻り、一部始終を話した。
母親はいつまでも笑っていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!