多摩方面のキャンプ場

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

小学校の頃、家族でキャンプにいったんだけど、そこに行く途中の山道で草刈をしている老人の団体さんに呼び止められた。

老人:「あんたら、どこいくの?」

親父:「今日、この奥でキャンプしようとおもって・・・」

老人:「あそこはあんまりよくないから、やめたほうがいいよ」

しかし、帰るのも面倒だったので忠告も聞かず奥の滝壷に行きました。

すると何組かの家族ずれと釣りをしている人がいました。
少し上流のほうでテントを張って火を起こしたりとキャンプの準備をしていたのですが、夕方4時くらいになると周りにいた人たちがぽつりぽつりと帰っていくのです。

でも僕たちは川を占領できたみたいな感じで泳ぎまくっていました。

と、川の中からテントを見ていると、テントを張ってある上の林の中に山小屋みたいな感じの建物が見えたのです。

親父に聞くと「山で仕事をしている人の物だろう」ということなので気にせず遊んでいました。

夕食の焼肉をみんなで食べてすることもないので川の石を投げたり、花火をしたりしていました。
9時くらいになって昼間の疲れもあって僕はテントに。

すぐに眠ってしまったのですが、暑さと蚊の攻撃で目が覚めてしまいました。
テントの中にはまだ誰も戻って来ていません。

「まだ外にいるんだ?」と思いもう一回寝ようとしたのですが、なかなか眠れません。

外が気になってテントから出てみると、火も消えかけてて誰もいません・・・。

はぁ~?と思い懐中電気をで辺りを照らしたのですが、家族全員の姿はどこにも見当たらないのです。
時間もわからず、一人で消えかけている火に木をくべてどうにか火をつけることができました。

で、あんまりにも一人の時間が長くて怖くなってきました。
テントを張ってある川原は車では入ってこれず、小さなつり橋を歩いて渡って来たのですが、もしやみんな車に戻っているのでは?と思い戻ろうと思いましたが、無理でした。
怖くって・・・。

どうにか朝まで時間をつぶそうと考えました。
大きな声でみんなを呼ぶのも逆に怖かったです。
と、上にある山小屋を思い出しました。
テントから顔だけ出して、覗いてみると小さな窓に明かりが見えました。

でも、やっぱ怖いです。
人がいると思ってなかったから・・・。

もしかしたら家族がいるのか?と、懐中電気を持ってそこに歩いていきました。

で、窓から中を見てみると、普通の部屋でTVとかもあって見た感じぜんぜん怖くなかったんです。
しばらくぼーっと見ていると奥の台所っぽいところの隅っこに老人っぽい人がいました。
でも、家に入れてもらう勇気もなくテントに戻りました。

上の家に人がいるのが妙な安心感になって、そのまま眠っていました。
気がついて外に出てみると親父がお湯を沸かしていました。

「昨日の夜、どこいってたんだよ!」

暑いのと蚊がすごくってみんなを連れて車で寝ていたそうです。
クーラーつけて・・・。
僕はよく眠っていたので起こさなかったんだそうです・・・。

親父に昨日の夜の小屋のことを話ました。
帰りに親父と小屋の中を見てみようと窓のところに行きましたが、なぜか板がはりつけていました。

「お前、夢でもみたんだろう」と親父にいわれ、納得のいかないまま車に乗りこみました。

帰りの道でまた昨日の草刈老人団体にあいました。
朝の9時頃です。

老人:「あんたら、奥に泊まったの?」

びっくりしていました。
そのじいちゃんに山小屋のことを聞くと、その小屋は去年まで誰か住んでいたようですが、遺書もないまま小屋で自殺していたそうなんです。

昨日の夜みたのはなんだったのか?
今でもその小屋はあります。

東京都の多摩方面のキャンプ場です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!