麻呂

俺が中学3年の頃、サバイバルゲームが流行ってて、その日も近所の神社裏の森でゲームしてた。
俺のチームはかなり劣勢で、俺は森の奥の方へ追い詰められてた。
とりあえず隠れる場所ねーかなって探してたら、なかなかいい場所があった。

その森には地元で亀石って呼ばれてる巨石があって、地面に出てる部分だけでも、幅5m、高さ1.8m位あるんだよ。
その石の裏側に隠れてしばらく相手の様子を窺ってた。
で、10分位しても全然敵が来る気配がないんだよ。
そのうち俺も疲れて、石に背中をつける形で座ってた。

あれっ?

俺はある事に気が付いた。
回りに音がない。

さっきまで聞こえてた、風の音も、鳥の声も。
次の瞬間、石の上から砂や小石が俺の頭にパラパラ落ちてきた。

で、石を見上げたら石の上に立ってました。
麻呂が・・・。

麻呂だよ、麻呂!

平安貴族で蹴鞠とかやってて「~でおじゃる。」の・・・あの格好した男が石の上から見てるんだよ、真っ白い顔で。

足が震えて逃げることもできない。

そしたら近くで「いねーなー。」って友達の声がしてさ、石を見ないようにダッシュで逃げて、友達の姿が見えたんで「石の上、上!」って叫びながら石を見たら、麻呂は消えてた。

後でみんなに話したけど誰も信じてくれなかったよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!