不運は”それ”が原因だった

これ俺のおじさんから聞いた話。

おじさんはある地方の港町で蒲鉾屋(かまぼこや)やってる。

ある日でっかいイタチ鮫が捕れて、おじさんの蒲鉾工場に届けられた。
鮫を解体した後で、とても立派な歯の骨が残ったそうだ。

捨てるのが惜しくて、しばらく持っていたんだけど、知り合いの釣具屋の店主が、是非店に飾りたいとか言ってきて、おじさんはあげたそうだ。

それからしばらくして、店主に不運なことが続いたらしい。
子供が海水浴場で溺れかけて、鮫の歯に原因ではないかと思ったそうだ。

そこで、お寺に持っていく前に、近所で有名な霊感の強い女性に見てもらうことにした。(多分スナックのママ。地元では有名。ただし、霊感で金儲けしようとすると、本人に災難が起こるそうだ)

ママ:「駄目よ、こんな物持ってきちゃ、縁起でもない」
店主:「何が見える?」

ママ:「この鮫、いっぱい人食べてるわね」
店主:「...........」

ママ:「中国人かしら?何言ってるか分からないわ」

おじさんもその話を聞いて思い当たることがあったらしい。

「俺はベトナム人だと思ったけどな」だって。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!