顔はドロドロ

では、初めて他人に話します。
怖いけど・・・・。

幼稚園の頃、私は四国の田舎に住んでいました。
中西という男の子と一緒に河原でよく遊んでいました。

近くには山もあるので、他人様の栗畑の栗やそこらのどんぐりをコレクションしたり、おままごとをしたり、いろいろ楽しかったんです・・・。

ある日、中西くんは山へ探険に行き私は川でハンカチを洗っていましたが、一時間もすると、中西くんは帰ってきました。

「これ見て!」

そう言って彼が私に見せたものはボロボロの日本人形。
そして、顔はドロドロ。

しかも・・・そのせいかところどころひび割れてた・・・・。
着物の色は判別不能。
片目の色がおかしかった・・・・・。

今思うとギャァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!なのですが、そのときの私と中西と私の会話。

私:「すごい!見てこれ!釘じゃん!キャハハハハ!」
中西くん:「ワハハハハハハ!これどうしょ?もって帰って兄ちゃんの机に飾っとこうかなー?なー!」

怖い・・・・怖すぎるよ私達。

その後の帰り道、私達は流れのきつい川に行き橋の上からそれを投げ捨てました。
「バイバーイ!海越えてね~!」とか言いながら・・・・。

今気付いたのですが、日本人形って顔に釘を打てるものなのでしょうか?
打つには硬すぎるような・・・・・・打てても顔が割れちゃいますよね?

ひょっとしたらキリで穴を開けて釘を押し込んだのでしょうか?
あれは大きい釘ではなく小さい釘でした。

ちなみに人形を流した川は吉野川の支流?です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!