死のうとしているのか?

終電間近の地下鉄の駅でのこと。

大学生の中田さんは飲み会の帰りで、ほろ酔い加減で電車を待っていた。
あたりには人影はまばらだ。
と、そのときに目の前にいたサラリーマン風の50代くらいの男性がいきなりホームに落ちた。

上がってこようとしているようなのだが、彼もまた酔っているのかなかなか上がれない・・・。
心配した中田さんが覗き込んだところ、そのサラリーマンと一瞬目が合った。
なにか釈然としないものを感じながら、中田さんは手をさしのべて彼を引き上げようとした。
サラリーマンは上目遣いで照れくさいのかニヤニヤしながら中田さんの手をつかんだ。

そのときに電車の到着を告げるアナウンスの声が・・・。
慌てた中田さんは引き上げようとするが、まるでふざけているかのようにサラリーマンは上がってこようとしない。

このままだと中田さんまでもが巻き込まれてしまう。
身の危険を感じた中田さんは思わず手を振りほどこうとしたのだが、手は一層強く掴まれてしまい離してくれようともしない。

そのとき中田さんは思った。
こいつはオレを道連れに死のうとしているのか?

その時。

「危ない!」という声とともに誰かに肩をつかまれて、ホームの上に引き戻された。
ほぼ同時にホームに電車が入ってきて、中田さんは難を逃れることができた。

駅員:「危ないところでした。もう少しで落ちるところでしたよ、酔っ払っていたんですか?」

中田さんを助けてくれたのは一人の駅員だった。
まだ驚きで口の利けない中田さんに向かって、駅員は更に続けた。

駅員:「ここ、柱の影になっていて危ないんですよね・・・先月も今くらいの時間に、50歳くらいの
サラリーマンが酔って転落しちゃったんですけれども、誰も気がつかなくってそのまま・・・」

やがて電車が止まり、ドアが開いた。
最終電車だった。

中田さんはそれに乗り込んだが体の振るえが止まらなかった。

窓からぼんやり眺めていると、いつのまにか先ほどのサラリーマンがホームに立っており、憎憎しそうにこちらを睨んでいる姿が小さくなっていくのが見えた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!