幽霊の質量

あるデパートでエレベーターに乗った。

かなり多くの人が乗り込み、ほとんど満員になった。
あと2名乗れるかどうか。

俺は「開」ボタンを押し続けていた。
と、そこへ小柄な女性が乗り込んだ。
とたんに重量オーバーのブサーが鳴った。

ちょっと違和感を感じた。
この人が乗ってオーバーになるだろうか?

女性:「あ、すいません」

彼女は後ろを向き、誰もいない空間にささやいた。

女性:「後のにしてちょうだい・・・」

するとブザーが鳴りやんだ。

俺は異様なものを感じ、その場で固まってしまった。
エレベーター内に言いようのない雰囲気が満ちた。
彼女はツッと手を伸ばし、俺の手を「開」ボタンからそらした。
扉が閉まり、エレベーターは動き始めた。

女性:「つきまとわれているんです・・・でも大丈夫。悪い人じゃないから・・・」

パネルに目をすえたまま、誰に言うともなくつぶやいた。

次に止まった階で俺は降りた。
ほとんどの人がそうしたと思う。
ビルの反対側にある階段を駆け下りて、デパートから逃げるように立ち去った。

彼女には二度と会わなかったし、その後を知りたいとも思わない。
ただ、今でも疑問なのだが、霊というか、お化けというか・・・そういったものに、重さってあるものなのだろうか?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!