両社とも欲に目がくらんで・・・

練馬一家惨殺事件。

競売で一軒屋を落札したAは、そこに住むS一家に立ち退きを要求するが、S一家(というか父親)は法外な立退き料を請求して出て行こうとしなかった。

Aはその家を一億で落札し、既に一億四千万で不動産会社に売る契約をしていたが、もし期限までに引き渡せなければ違約金を支払わねばならず、さらに購入資金一億も銀行から借りたもので、交渉が長引けば利子もかさみ儲かるどころか大損になりかねない。

Aは毎日のようにS家を訪ねて立ち退き要求したが、その必死な様子を見たSは逆に立退き料を吊り上げていく。
そして不動産会社との契約期限が迫ったある日、とうとう臨界点を突破したAはS家に乗り込んで妻と三人の子ども、そしてSを殺して風呂で解体(長女だけは林間学校に行っていて無事)。

欲の皮を突っ張らせすぎて引き際を見誤ったSと、そんなやつが住んでいる可能性を
考えもせずに濡れ手に粟を目論んで高額競売物件に手を出したAはどっちも自業自得といえようが、巻き添えで殺された子どもたちが哀れ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!