うつ伏せの顔の正体

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

これは中学2年の時の話。
俺たちのクラスは出し物を決める時期が遅く、文化祭の前日になっても完全に準備を終えていなかった。

そこで仕方なく、話のわかる若い英語の先生に頼んだ。
夜学校の戸締まりが終わった後で一階トイレの窓だけ鍵を開けておいてくれるように頼んだ。
明け方そこから進入し、本番までの間に最終準備を済ませてしまう計画だったのだ。

正式な集合時間は5時だったが、俺は自分の仕事が大分残っていたので、幾人かの友達と3時に教室で会うように約束していた。
しかし、俺は2時半少し前には学校に到着した。
校舎を見上げると灯りが点いていなかったので、俺が一番乗りなのがわかった。
俺は予定通りトイレの窓から侵入した。

校舎の中は灯りが無く暗かったが、月明かりでほんのり照らされ、案外周りがよく見えた。
懐中電灯は持っていなかったが、特に不便は感じなかった。
俺は階段を静かに上がった。
そして2階廊下の端に立ったとき、廊下の向こうに何かあるのが月明かりで見えた。
・・・人?

その人は頭をこちら側に向け、うつ伏せに倒れていた。
白いワイシャツ。
右手は胴に揃え、左手はこちらに向かって差し出されてはいたが、力無く廊下に投げ出されていた。
肩幅などから男であることはすぐにわかった。
顔は床に突っ伏しているため見えなかったが雰囲気から、俺には鍵を開けておくよう頼んだ英語の先生に思えた。
何があったのだろうか。

俺は助け起こそうと思い、先生へ向かい小走りに駆けた。
しかし数歩、走ったところで立ち止まった。
なにか違和感があったのだ。
なんだろう。
俺は目を細めた。

すると確実ではないが、何がおかしいのかおぼろげながらわかった。
細部がどうもハッキリとしないのだ。
なんというか、不思議と現実感に乏しかった。

そして窓枠の影。
月明かりで廊下には、窓枠が順次影を落としていたのだが、ワイシャツの上にあるべき影が無かった。
それが違和感の原因だったのだ。
そして俺は気が付いた。
先生はゆっくり動いている。

それは窓枠の影でわかった。
手の先にある影が、ゆっくりと体の方へ移動していた。
もちろん窓が動いているわけではない。
先生がこちらへ向かって移動しているのだ。
しかし手も足も動いてはいなかった。
ゆっくりと、そのままの姿勢でこちらへ滑って来るのだ。

俺は急激に怖くなり、脇にある他の教室へ飛び込むと、音の立たないように扉を閉めた。
今考えると、なぜ後ろを向いて逃げなかったのかわからない。
薄暗い階段やトイレに戻るのが怖かったのかもしれない。
とにかく俺は、教室に入ってしまったのだ。
しかし灯りのスイッチは入れなかった。
灯りを点けると先生に見つかってしまうような、そんな気がしたからだった。

数分たっただろうか?
俺は教室の真ん中あたりの席に座り、じっと息を殺していた。
先生が気になった。
廊下に面した窓は明かり取り用の上部に一列。
あとは前後の扉に各々。
ここから実際に見える景色は、前後の扉の窓から見える廊下だけだ。

それも高い位置にあるので、もちろん廊下の低い部分は見えない。
もう廊下を通り過ぎて行ってしまっただろうか?
確かめたいが、ドアから首を出して覗きたくはなかった。
また少し時間が流れた。

しかし気になる。
俺は相手が消えてしまっていることを願い、確かめたかった。
状況がわからないのは不安でしょうがない。
俺は意を決して確かめることにした。
ドアの脇に身を寄せ、窓から斜めに覗けば少し見えるかもしれない。
俺はそっと席を立ち上がった。
その時目の隅、床の上に何かが映った。

そこには先生がいた。
今まで机の影になって見えなかったが、先生はすでに教室に入っていたのだ。
ドアは閉まっているままだった。

そして教室の後ろ、ロッカーの前の床を先生はゆっくりと移動していた。
先程と全く同じ姿勢で、ベランダの方向へ向かい、少しずつ動いていた。
そして間近に見て初めてわかった。
それは英語の先生ではなかった。

うつ伏せの顔は、黒くモヤがかかりハッキリしなかったが、横顔の雰囲気から英語の先生でないことは確かだった。
なぜか裸足だった。
俺には気づいていないのだろうか。
ゆっくりと動き続けていた。

こうなるともう我慢など出来るものではない。
俺は前方の扉へ走り、一目散に廊下へ逃げ出した。

結局俺は校門で友達を待った。
不思議なもので、アレは怖いが、文化祭の準備も気になって帰れなかったのだ。
しばらくして友達が二人来た。
そして朝日が昇り、皆があつまると恐怖感は薄らいだ。
しかし、先程の経験をすぐに話すことは出来なかった。
口に出すとまた恐怖が甦りそうな気がしたからだ。

もちろん英語の先生は生きていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!