姉さんごめんなさい、僕は

これは新聞で乗った話とか何とか・・・。

ある仲のいい姉弟がいた。
でも、家は貧乏で父親の収入で何とかやっていける・・・そんな家だった。
だがあるとき、父親が事故(もしくは病気)で死んでしまった。
それを追うように母親が自殺してしまった。

姉弟はちいさなアパートで二人で暮らしていかなければならなくなった。
弟が小学生、姉が中学生、雇ってもらえるところはどこにもない。
だんだん、二人とも衰弱していき、ついに姉が倒れてしまった。

弟は必死で看病を続けたが姉は帰らぬ人となった。

それから弟は何をするでもなく、死んでしまった姉の横に寄り添うように寝ていたが、姉の死体がだんだんと腐っていき、弟も死んでしまった。

それから何十日もたったあとで、近所の住人から「異臭がする」という通報があり、二人の死体が発見された。

警察が来て、現場を検証する。

それが終わると、部屋にある荷物などを処分する作業があるが、その掃除のときに一人の青年が何かに気付いた。

青年(清掃業者):「すいません、この赤いしみ何なんですかね」
清掃業者:「うん?」

青年(清掃業者):「ここなんですけど」

そこは姉と弟が眠りについた場所の壁。

清掃業者:「なんだこりゃ」
清掃業者:「あっ!!」
清掃業者:「なんだよ」

青年(清掃業者):「これ、文字ですよ」

そこには赤いしみでこう書いてあった。

『姉さん、ごめんね、お腹空いたからちょっと食べちゃった・・・』

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!