旦那が離婚したい理由にある真実が

※虫注意

トメは普通(?)の人だった。
ウトは鬼籍。

旦那は普通の人だった。
恋愛中は普通だった。
結婚して変わった。

旦那は結婚まで実家住み。
トメの手料理をずっと食べていた。

私の手料理を美味しい美味しいと食べていたが、問題はご飯。
実家で食べていたご飯にはしいたけが入っていたそうだ。

私にもしいたけご飯を炊けとうるさい。
私は、五目ご飯ならいいが、しいたけだけ入っているご飯は食べたくない。
たびたびそれで口論になるが、食べたくないものは食べたくない。

新婚3ヶ月にして、しいたけご飯が原因で離婚話まで旦那の口から飛び出した。

「俺の母親が出来たことをどうしてお前は出来ないんだ!」と、毎日愚痴愚痴愚痴愚痴愚痴愚痴。
なんだかもうどうでもよくなって、離婚ならそれでもいいやと思って、緑の神をもらってきたのが一昨日(金曜日)。

昨日(土曜日)、実際のしいかけご飯を食べてみろと、旦那実家(徒歩15分)へ連れて行かれた。
トメは、「しいたけご飯なんか出したことないよ(困惑顔)」

とりあえずご飯を食べることに。

ご飯が出されて、「これだよ、やっぱりうちのご飯が美味しい、お前とは離婚だ!」と旦那。

確かにご飯には黒い細切れがたっぷり。
なんだこりゃ?と思いよく見ると、1.5mmほどのカブトムシのような虫。

「これ虫だよ?よく見て食べたら?」と、私。

ぶぶーとご飯を噴出す旦那。
え?虫?と、さらに困惑顔のトメ。

旦那、「ぎゃーーーーーーーーーーー!!」とか何とか叫びトイレへ。

トメに、「米って古くなるとなんか虫がつくらしいですよ。」と言って、調べさせると米びつの中は虫だらけ。

トメも、「ギャーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」

私は「旦那君はこの虫が混じったご飯をしいたけご飯だと思って、これを食べさせてくれなきゃ離婚だと言ってるんですよ。」と、トメに説明。

声も出せなくなったトメ。
泣き出した。

吐いて涙目の旦那、泣いているトメを見ようともせず私の手を引っ張って帰宅。

離婚してもいいよ?と言うと「俺が悪かった、ごめん。」とのこと。

さっき、「米びつを掃除した、離婚はしないでちょうだい、私が悪かったわ。」と、トメ電。

「当分母さんとはしゃべりたくない」と、旦那。

あーーー、こんなマザコンとは離婚したいわー、とぶつぶつ言う私に、悪かったと旦那土下座。

今、旦那は泣きながら寝た。
とりあえず、旦那記入済みの緑の神は、今日実家に預けてくる。

旦那、視力は両方1.0なのに、しいたけと虫の見分けもつかなかったのか。
なんだか可哀想で、離婚はしばらく様子を見てから決めようと思う。

実家のご飯ご飯とうるさかったのでこちらに投下。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!