お墓での怖い話

小学生の姪っ子に「怖い話知らない?」と聞いたら教えてくれた話。

学校の帰り道に墓地のあるお寺があって、そこに毎朝五時頃に、お墓を拝みに来てるお婆さんがいたんだって。
多分死んだお爺さんか誰かのお墓。

そのお墓は墓地の真ん中にある大きな木の下にある墓だったそうです。
ほいで、とある休みの日、墓地にすごい大勢の人が集まっていたんやと。
警察やら何やら来てて話を盗み聞きすると誰かが墓地の大きな木で首を吊って亡くなったらしいと。
発見したのは寺の住職。

首を吊っていたのはそのお婆さんの息子であったと。
息子と言っても、もういい年をした男の人らしいです。
亡くなったのは前の日の夜中遅く。
住職が朝六時ごろに墓地の掃除に回る時、遺体を発見し、仰天して警察に通報したそうです。

ところがお婆さんはその日もちゃんと墓参りに行ってたんだって。
いつものとおり朝五時にはお墓に行って供え物を代えて、お水をかけて線香をあげて、昨日一日の話を仏様にする。
お婆さんは腰が曲がっていて、自分の拝む目の前の墓の真上にぶら下がる自分の息子に全く気づかなかったそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!