黒魔術の会に潜入

個人的にはネタ系の話が好きなんだけど・・・。
批判もあるようなので実話系の話を一つ・・・

この話は私が昔、興味半分で教会に行った時に牧師さんの説教で聞いたものです。

『黒魔術の会』
Aさんが牧師になる為の勉強の為に、ロンドンに留学していた時のことです。
友人から黒魔術の会に行ってみないかと誘われたのでした。
何事も経験と、Aさんは興味半分にその黒魔術の会に参加したそうです。

黒魔術の会にも色々な宗派があるらしいのですが、その会はみんなで悪魔を呼び寄せ、その悪魔に仕事や人生や色々な相談のアドバイスを受けるという会でした。

さて、その黒魔術の会では、悪の司祭は赤いローブと赤い覆面をします。
他の会員は黒いローブと黒い覆面です。
Aさんと友人も、またどこからから黒いローブと黒い覆面を借りてきて、他の会員に混ざって見ていました。

しかし、会が始まってもいつまでたっても悪魔が出てきません。
悪の司祭が必死に祈るのですが駄目でした。

すると、悪の司祭が急に祈るのを止め、「この中に、偉大なる悪魔を恐れぬ者・・・そして、ここに居てはならぬ者がいる」と言って、参加している会員達を見渡し始めたのです。

ビビッたAさんと友人は猛ダッシュでその場を逃げたのでした。
建物の敷地から出ようとする瞬間にAさんと友人は背中に鋭い痛みを感じましたが、とにかく逃げ切ったのでした。

さて、無事に帰って見てみると、二人とも背中に鋭い刃物で切り裂いたような三本の深い傷ができています。
他の友人に見てもらうと・・・二人並んで逃げる位置に立ってみると、その三本の傷は上手く繋がるのです。

まるで大きな鉤爪で引掻かれたようでした。
そして、不思議な事に黒いローブにもシャツにも切り裂かれた後は残ってなかったそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!