食事だけが並べられている屋敷

知り合いの話。

山奥で測量をしていると、大きな屋敷に出くわした。

『何でこんな場所にこんな建物があるんだ?』

不思議に思って見ているうちに、何故か無性に中に入りたくなった。

「御免下さい」と声を掛けたが、誰も居る気配は感じられない。
よく見ると其処彼処が少し傷んでいるようだ。
廃屋なのかな?
土足も躊躇われたので、靴を脱いで揃えると、家の中を歩き始めた。

手近な障子を開けてみる。
大きな和室だ。
二十畳近くもあるだろうか。
部屋の中央には黒い長机が置かれていて、上には膳の用意がしてあった。

十人分に近い数。
湯気が見て取れる。

慌てて玄関に駆け戻ると「失礼しました!」と中に叫んでから飛び出した。

事務所に帰って落ち着いて考えてみると、どうにも腑に落ちない。
あんな獣道もないような山奥に人が住んでいるなんて、聞いたことがない。
屋敷内も汚れてこそないが少し荒れていて、人の住んでいる感じもしなかった。
でも、食事は暖かかったんだよなぁ。

同僚にこの話をしていたところ、一番古参の者が驚いた顔をした。

「お前“御屋敷”を見つけたのか?食事が用意されていたんだな?手付かずで?・・・良かったなぁ。タイミングがずれてたら、膳の上に並べられていたのはお前だったぞ」

詳しく聞いてみると、こんなことを教えてくれた。

「あの山奥に住んでる主一族の家らしくてな。ただ単に“御屋敷”とだけ呼ばれてるよ。皿の上に料理があれば無事に出られるが、何もなかったら大事だ。一旦は無事に帰れるそうだが、その夜のうちに消えて居なくなるんだと。主にさらわれて料理されてしまうって話だ」

「まぁ、俺も爺さんに聞かされた話だし、爺さんもそのまた爺さんに聞かされたって言ってたからな。この辺りに伝わる昔話みたいなもんだと思ってた。・・・本当に出くわす奴がいるとはなぁ・・・」

後日、別の同僚がそこの現場に行ってみた。

知り合いが見つけた屋敷など、どこにも見つからなかったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!