どうやって現れて、どうやって消える?

俺がまだ小学校の時、聞いた話。

俺の叔父は刑事で、捜査一課だか二課で働いているのだが、その叔父が風邪を引いてしまい、独身者には病気は辛かろう、と、両親が心配して、叔父の実家でもある俺の家に泊まらせていた。

叔父は外見はヤクザにしか見えないぐらい怖い人相なのだが、その叔父が、かわいいドテラを着て、咳き込みながら茶をすすっている姿はとても珍妙で、いつもは近寄りがたいのだが、その日は叔父と一緒にコタツに入って、俺の両親と一緒に、珍しく話しこんでいた。

「叔父さんもねー。いつもは風邪なんて気合で治すんだけどねー。今度のはちとヤバイ気配でね。ちょうど、君のお父さんから電話もあったんで、お世話になる事にしたよ。叔父さんが働いてるトコでは、もう3、4人も倒れてね。こりゃー本当にヤバイわな。君、怖い話って大丈夫?聞いてみたい?」

「叔父さんはね、夜中に張り込みやってて、そのせいで風邪ひいたんだ。同じ職場の人と二人でね。カイロも張ってたし、暖かいコーヒーも飲んでたんだけどね。」

「慣れた事なのに、風邪ひいたよ。一緒にいたヤツも。近くで待機してた奴らもね。その時、叔父さんはここから遠くの公園にいたんだけどね。知ってる?そこの公園にはこんな怖い話があってね・・・。」

叔父さんは話を続ける。

「そこの公園にはホームレス・・・・よく昼間に汚い格好で歩いてる人達だよ・・・・が殺されたっていう噂があってね。会社で怒られて、イライラしてる大人達が、そのホームレスを殴って、殺してしまった。遺体は放置され、しばらくして発見された。でもね、近所の人たちは喜んだよ。そのホームレスは子供が嫌いで、よく子供を虐めたり、女の子にイタヅラするっていわれてた、評判の悪い人だった。でもね、しばらくして、その男の幽霊が公園に現れて、子供を襲うという話が出た。」

叔父さんの話に俺は引き込まれていった。

「夜に子供を連れた家族がその公園を通りかかり、ふと子供が見当たらないと思ったら、遠くに自分の子供が倒れてる。片方の目をくりぬかれて・・・ね。子供が言うには、いきなり変な男が現れて、スプーンを目に差し込んできた、と言う。襲われた子供はみんな同じ事を言った。そして、家族はなぜか被害届けを出さない。皆、共通でね。なぜだかわからん。そんな大事件の被害届けを出そうともしない。理由は・・・・わからん。とりあえず夜の公園には、絶対近づかない事だ、な。」

俺は話を聞き終えると、さすがに「それ嘘でしょ」と笑った。

なんで幽霊になってまで子供襲うの?なんで自分を殺した人を呪わないの?
なんで幽霊なのにスプーンなんて使うの?などといった疑問を言うと、叔父はヘラヘラ笑った。

「あ~ウソウソ。やっぱ引っかからないか~。君も大人になったな~。」

俺は少し頭にきて、隣の子供部屋に引っ込んで、布団に寝込んだ。

すると、隣から叔父の声が聞こえてきて、どうやら俺の親父と話しているようだった。

「いや、悪い。子供にまで変な話聞かせてしまって。自分でも下手な話だったな。でもな、兄貴、ホームレスが殺されて幽霊になったって話でもなきゃ、事件の辻褄が合わんのだ。どうして子供の目をえぐる?どうやって現れて、どうやって消える?」

「ただな、あの公園は異常だ。俺は風邪で済んだが、もうあの公園は勘弁だな。俺達が張り込み時に複数で行動するのは、人間相手だけとも限らんからだぜ。」

今でも半信半疑だが、警察でも時より不可解な事件は起こるようです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!